大切にしたいきもののお手入れ方法

きものは大切な節目やお祝いごとに着ることが多く、特別な日を素敵に演出できる装いです。きものを着た日はそれだけで一日特別な気分で居られるでしょう。きものを脱いだ後はそうした緊張感から解放されて、心地よい疲れを感じながらほっと一息つくことでしょう。しかし、着物は脱いで終わりではなく脱いだ後のお手入れが大変重要ですので、くれぐれもそのままタンスにしまうことは避けましょう。きものの主素材である絹は、湿気や水分を含みやすい性質がありますので、着用後の着物をそのままタンスにしまってしまうと、しわが取れにくくなるだけでなくカビや黄ばみが発生する原因となってしまいます。しかし、お手入れといっても難しいものではありませんので身構える必要は有りません。お手入れの基本をしっかり覚えて、長く愛用したい大切なきものを美しく保ち長持ちさせましょう。

きものの上手なお手入れ方法とは

きものを着用後のお手入れ方法について順に説明していきます。まず、きものは清潔な敷物の上で脱ぎます。きものを脱いだら着物用のハンガーに長襦袢とそれぞれ別々に掛けて風通しの良い日陰に数時間から半日程吊るしておきます。こうすることで湿気やしわを取り除くことができます。帯や帯締めなどの小物類も基本的には同様の方法でしっかりと乾燥させます。きものの湿気が抜けたら、乾いた清潔なタオルや柔らかいブラシを使い、肩や袖、裾などを軽く叩くようにしてほこりを払います。生地を傷めてしまうので、決してこすってはいけません。ほこりを払うのと同時に、汚れやシミ等もチェックしていきます。目立たない汚れなども時間が立つと目立ってくる場合もあるので慎重に見ていきましょう。汚れやシミは時間が経過するほど落ちにくくなるので、もし見つけたら早めに正しい応急処置を行う必要があります。

きものの汚れやシミの種類別応急処置について

着用後のきものに汚れやシミがついているのを見つけた場合には、原因別の対処を行います。口紅やファンデーションなどの油性の汚れは、広げないようにしながらやさしく拭き取ります。そして、白い綿ガーゼにたっぷりとリグロインか良質のベンジンをつけ、汚れをたたくように落とします。醤油・コーヒー・お茶などの水性の汚れや血液の汚れは、白い綿ガーゼなどに水または薄めた中性洗剤を含めてたたくようにして落とします。雨の日などに付着した泥は、そのまま完全に乾燥させて乾いたらブラシで払い落とします。汚れやシミを落とすコツは、白い綿ガーゼでトントンと叩くことです。落ちないからといって無理にこすってしまうと、汚れやシミが繊維の中に入り込んだり、生地を傷めたりして逆効果となりますので、あくまでも叩き落すということを頭に入れておきましょう。どうしても落とすことができない困った汚れは専門業者に相談することをお勧めします。