きものの相場について詳しく解説します

日本人が着物に縁遠くなって幾久しくなりますが、洋装ひとつとっても、普段着から礼装までがあり、それぞれに値段が明らかに違います。そして着物も洋服同様に化学繊維などで、安価に作ることができるようになってきたことを念頭に置いて説明を聞いていただけると助かります。きものの値段はピンからキリですが、普段着やお稽古の時に着ることが多い紬という種類ですと、帯や襦袢などの価格を抜きにしても、2万円から数十万円と開きがあります。もっとも紬の場合は仕立て代も含めれば3万円から十万円前後が多いようです。ではなぜこれだけ値段に開きがあるのかといえば、理由のひとつはネームバリューです。名の知れたきものの種類を言われれば、きものに詳しくない人は、それだけですごいと思います。もちろん素晴らしい着物なのですが、職人の手染めなのか、機械で染められたものなのかで、金額は違ってくるのです。

反物へかけられた職人の手間がきものの値段です

きものの基本は反物です。一枚の布を真っ直ぐ切って、縫い合わせることが基本になります。ですから、きものの値段は反物の値段ともいえます。もちろん仕立ての技の非常に重要ですが、洋装でも、和装でも布の値段はダイレクトに着る物の値段に影響します。今やきものの生地の素材は、絹からポリエステルまで様々です。そして機械でプリントまで出来てしまいます。家で洗濯が可能なきものとは、まさにこのことです。しかしその布が、多くの手間暇をかけている、例えば、二度染め、三度染めで深みを出している、または多くの糸を使い繊細な柄を織っているものならば、高額になります。そして一流の職人が手掛けたものであれば、技術も値段も上がるというわけです。ここで気をつけなくてはいけないのは、名前だけで判断してはいけないということです。

きものの相場を知るには、数件まわって違いを知ることです

きものの名前だけで、価格を判断してはいけないというのは、同じ名前を冠していても横糸のみで柄を描いたものと、縦糸と横糸を細やかに編み上げたものがあるということです。もちろん横糸だけで紡いだものは、それなりの値段ですが、ここで名の通ったきものが数万円だからお買い得だと思ってよく見ると、それは横糸のみで柄を編んだものだからです。きものの相場が難しいのは、このような知識が消費者側に無い人が多いからです。例えばきゅうり1本1万円といわれて購入する人は、あまりいないと思います。それは相場とほど遠い価格だからです。しかし着物一反6百万円、仕立て、帯など合わせて1千万円と言われれば、納得してしまう人もいます。自分が欲しいきものの相場を知るためには、数件の呉服屋やデパートを回って、価格を見ることが大切です。