きものを着る際に気を付けたいポイントを丁寧に解説します

結婚式や成人式、卒業式など特別な日に着ることが多いと思います。最近ではデザインも豊富で色使いが派手なものや、少し古風なものなど種類が多くあります。デザインの種類が多いので様々な場面で着用されます。あまり着る機会の多いものではないので、せっかくだからと自分が着てみたいものを選んでしまうかもしれませんが、きものを着る際は場所や場合に応じて選ぶようにしましょう。きものにもいくつか種類があります。使用するきものも目的によって違います。自分の気に入ったものがあったとしてもマナーに合ったものを着るようにしましょう。間違えないためにも着る前に違いをよく学んでおくといいでしょう。購入するときやレンタルするときに分からなければ、お店の人に相談し選んでもらうと間違えることもないので安心です。

きものの種類と場所に応じた選び方

きものにはフォーマルなものカジュアルなものといくつか種類があります。きものを着る機会として結婚式がよくあるとおもいます。結婚式では留袖という種類を着用します。黒留袖・色留袖とあり、黒留袖は主に新郎新婦の母親や親族の既婚者女性が着用します。色留袖は既婚者・未婚者と区別することなく着ることができます。ただし、家紋付きのものは黒留袖と同様の扱いになるので注意が必要です。訪問着として着られる小紋は気軽にお洒落着として着用することができるので着こなしも楽しむことができます。馴染みのあるきものといえば浴衣です。夏の花火大会やお祭りなど、よく浴衣を着ている人を目にします。デザインも様々で種類も多いので自分の気に入ったものを見つけることができます。きものを着るのが初めてという方でも挑戦しやすいのが浴衣です。

きもの選びのコツとポイントについて

きものを選ぶ際にはいくつかのポイントをおさえておきましょう。きものは着ていく場面によって種類を選びましょう。結婚式などでは少し豪華なものを選ぶといいですし、入学式など子供の付き添いになるような場合であれば少し柄を控えた付け下げを選ぶといいです。控えめな柄のものを選べば使いまわしすることも可能です。デザインも多くあるのでシーンに合わせたきもの選びをすることが大切です。季節に合わせたきものを選ぶのもポイントです。デザインだけでなく生地の素材にも注意が必要です。長く使用したい場合は四季を通して着ることができるものを選ぶようにしましょう。きものだけでなく帯も多くの種類があります。きもののデザインや色に合わせた帯選びをするようにしましょう。帯によって着たときの印象が変わります。ポイントを押さえきもの選びをたのしみましょう。